大切な車をガラスコーティング

大切な車をガラスコーティング

ガラスコーティングが登場してからしばらく経ちます。最近では「リキッドグラス」「ナノグラス」「セラミックコート」「クォーツガラスコーティング」などの言葉が聞こえてきますが、言葉だけが一人歩きしている感じで、実際はどういうものなのかよく分かっていない人が多いようです。
 
ガラスコーティングは、基本、2種類しかありません。「クォーツ」と「シリカ」です。
 
「クォーツ」は生産課程が複雑なことから値段が高いという欠点がありますが、輝きにあふれ、しかも長持ちするコーティングを実現します。
 
「シリカ」は「クォーツ」と比較すると、少々耐久力が劣りますが、少し値段が安くなります。
 
ガラスコーティングは、基本的には、これら2種類の液体ガラスによるものです。空気に触れることにより液体は固まります。ガラスコーティングは、商品により違いはありますが、ペイントやガラス、ホイールなどと結合し、雨やホコリなどから車を保護する役割を果たします。
 
ガラスコーティングはどうやってペイントを守っているのか
ガラスコーティングには、車を守るだけではなく、生活を楽にしてくれるなど、多くのアドバンテージがあります。たとえば、
 
  • ひっかき傷のような小傷がつきにくくなる
  • 酸化防止
  • ペイントに光沢と鏡のような輝きを与える
  • ホコリや酸性雨、紫外線、鳥の糞などからボディーを守る
 
ガラスコーティングを施せば、自分でワックスを掛ける必要はありません。(製品によってはワックスがけが推奨される場合もあります) 
1度ガラスコーティングをしてしまえば、通常1年から2年ほどは効果が持続します。
 
効果が持続するということは、車のメンテナンスが楽になることを意味します。すなわち、ガラスコーティングをすることにより、
 
  • 洗車の回数が減る
  • 査定価格が良くなる
 
という、うれしい効果が期待できます。


大阪でおすすめガラスコーティング・カーコーティング

大阪でおすすめの車コーティング・ボディコーティング

大阪のガラスコーティング・カーコーティング評判・口コミ

大阪の車コーティング・ボディコーティング評判・口コミ

カーフィルム 大阪